店内商品がすべて半額になるお店

「半額倉庫」が兵庫と島根にオープン!!

どれを手に取っても、レジに持っていけば全て表示価格の半額に!その安さの秘密は…

9月1日にオープンしたアウトレットショップ「半額倉庫」​

第一号店が兵庫県播磨町、そして二号店は島根県出雲市にてオープン!

なんと、このお店、店内の全商品がすべてレジに持っていくと半額になるんです!!

​たとえば500円の値札が貼ってある商品をレジで会計すると、250円に!!

どんなお店なの?

第一号店オープン当日、お店には長蛇の列!!

5時間前にはすでにお客様がお待ちいただいており、オープン直前には敷地を超えた行列ができていました!

店内は、お店の名前である「半額倉庫」のとおり、倉庫をそのまま店舗にしたような空間。

正直、おしゃれな内装レイアウトや、整理整頓されたきれいな陳列とは言い難い!笑

無造作に置かれたカゴ台車やパレットの上には、あらゆる商品が所せましと積まれています。

テレビや電子レンジなどの家電、テレビゲームやおもちゃ、日用品から家具、寝具までなんでもあり。

さらに、こんな特別ブースもありました!

「ジャンク品市場」

ジャンク品は他の商品よりさらに安い!

なんなら値札に「無料」って書いてあるやつもあります 笑

こんな感じで、どこを見ても積みに積まれている商品に、テンションが上がってきます。

まるでどこかの卸売市場にでも来たかのような気分。

そして、半額倉庫の楽しいテーマソングが流れ、いるだけでワクワクドキドキ。

お宝さがしの感覚で、他では絶対にない激安商品を物色できるのが“半額倉庫”です。

​なぜ全品半額にできるの?

半額倉庫の最大の強みである“全品半額”

普通に考えたら、すべて半額にしてしまえば赤字も同然です。

では、なぜ半額倉庫は全品を半額で販売することができるのか?

それにはきちんとした“ワケ”があるんです。

 箱に配送伝票がついている 

 開封されている 

 店頭で展示されていた 

半額倉庫で販売している商品は、

1.間違えて購入し、返品になった商品
2.店舗が過剰在庫となってしまった商品
3.店頭での展示品の役割を終えた商品

 

などなど、中身に問題は無いのに、新品として店頭に並べられなくなった訳あり商品なんです。

だから、外箱に配送伝票がついていたり、使用に支障のない小さな傷があったり、中身は新品だけど開封だけされてる商品だったりします。

お店は、このような商品を新品として店頭に出すわけにはいきません。

中身は新品・美品なのに、結局処分している状況もあります。

「新品で買ったのに、箱が傷ついてるじゃないか!」って、クレームになる可能性もありますからね。

でも、「外箱くらい傷ついてたって、中身が問題なけりゃ全然いいじゃない!」って思う方も、案外たくさんいらっしゃると思うんです。

半額倉庫は、そのような商品を引き取り、半額で販売しています。

商品を安く買えるお客様

処分するはずだった商品を販売できる販売店様

どちらもが笑顔になれる架け橋を、これからも半額倉庫が作っていけたらと思っています。

▼半額倉庫の場所はこちら

▼半額倉庫 運営元

ISOYU株式会社 代表取締役 磯遊 晋介

https://www.isoyu.jp/

お問合せは✉こちら​

半額倉庫 播磨店

営業時間:

13時00分~19時00分

​定休日:月・金

〒675-0147

兵庫県加古郡播磨町南大中3丁目1-39

▼アクセス

播磨町駅から徒歩10分

※明姫幹線沿い「ローソン播磨南大中店」の隣

LINE.png
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

半額倉庫 出雲店

営業時間:

出雲店は不定期で開催です!

次回のオープンは

・11月7日(土)

・11月9日(日)

​※営業時間:10時~18時

 

〒699-0817

島根県出雲市湖陵町板津114

LINE.png
  • Twitter
  • Facebook
  • Instagram

​運営会社:ISOYU株式会社

会社概要はこちら